動画からアニメーション画像を作成 – Animated Image Converter –

クイックスタート ↗

使い方はこちら。動画をアップロードする必要のない、オフラインアプリケーションです。

対応形式 ↗

多くのファイル形式に対応。GIFだけでなく、APNGやWebPのアニメーション画像も作成できます。

さまざまな用途 ↗

切り抜き範囲を指定したり、背景を透過させたりしてみましょう。例を挙げてご紹介します。


Animated Image Converter

※動作環境:Windows 10/11 (64bit)


クイックスタート

元となる動画や画像を、起動画面にドラッグ&ドロップ。

出力する画像の切り抜き範囲などを指定。

結果予想を確認したら、「変換」ボタンを押して保存。


対応形式

読み込み

  • 動画 (AVI / MKV / MOV / MP4 / MPEG / WMV 等)
  • アニメーション画像 (APNG / PNG / GIF / WebP / AVIF)
  • 静止画像 (PNG / GIF / WebP / AVIF / BMP / DDS / JPEG 等)

書き出し

形式メリットデメリット
APNGトゥルーカラー(1677万色)が使用できる。
多くのブラウザやアプリで読み込むことができる。
ファイルサイズが大きい。
GIF多くのブラウザやアプリで読み込むことができる。256色までしか使用できない。
アルファチャンネルを持たないため、透過処理が不得意。
WebPトゥルーカラー(1677万色)が使用できる。
ファイルサイズが比較的小さい。
高画質設定にすると、変換に多くの時間がかかる。
AVIFファイルサイズが小さい。変換にやや時間がかかる。
当アプリでは256色までしか使用できない。

※各形式ともに、出力フレーム数が1の場合は、アニメーションではなく静止画像として出力


さまざまな用途

切り抜き範囲を指定する

切り抜きフレームを操作することで、切り抜き範囲を指定することができます。右側の数値コントロールからも指定可能です。出力解像度を変更するには、倍率を指定します。

出力結果を指定し、自動的に設定を変更する

結果予想右側の編集ボタンを押すと、ダイアログが開きます。出力結果を指定して、倍率やフレーム範囲を自動的に変更することができます。

特定の色を透過させる

透過色のチェックを入れると、透過コントロールが有効になります。スポイトツールを使って、画面から色をピックアップすることもできます。

しきい値は色を判定する厳密さで、小さいほど厳密に判定します。ぼかし半径を有効にすると、境界を滑らかにすることができます。

高画質のWebPアニメーションを作成する

プレビューボタン右横の歯車ボタンを押すと、画質設定ダイアログが開きます。WebPでは、ロスレス形式を選択して品質を100、方式を6にすると、高画質かつ最適化されたアニメーションを作成することができます。

ファイルサイズを削減する

ファイルサイズを削減するには、以下の3つが有効です。

  • 倍率を低くして出力解像度を下げる。
  • FPSを低くして出力フレーム数を減らす。
  • 色数を制限する。

色数は、画質設定ダイアログで変更可能です。この際、k平均法回数を高くすることで、減色処理の品質を上げることができます。

フレーム情報を確認する

フレームに使われている色の総数が、右下に表示されます。また、マウスポインタの座標とRGB値が、ステータスバーに表示されます。


Animated Image Converter


更新履歴

  • 2023/09/03 (version 1.0.0); 公開。

既知の問題および課題

  • 再生およびプレビューの際、FPSが高いと画面がちらつく。
  • AVIF形式の書き出しにおいて、256色までしか使用できない。
  • シークバーをスライドさせた際の処理が重い。
  • ズーム表示への対応。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1 + eleven =